種 類 革素材の特徴
靴 用 婦人靴用は原材料は、キップ(子牛)、オーバーキップ(中牛)で厚度が1.0mmと薄く、非常にソフトで伸びないブーツ用の商品が主で、仕上げも素上げ調で革本来の革らしい革を製造しています。紳士靴用は、1.3mmから1.8mmまでの間で、原材料はステア(成牛)が主です。仕上げはプルアップオイル仕上げやガラス調の仕上げをしています。

袋物用 クロームの少ないなめしで、ヌメに近い素上げの革でハードタイプとソフトタイプで長く使用しても型くずれのない様に下地造りしています。それとクローム革でソフト感を出して、非常にソフトでシボを出したナチュラルな高級革を製造しています。

ベルト用・小物用 ワニ、トカゲの型押し、型の頭の色を変えた仕上げや銀浮きのないスムース革を作っています。又、厚口のベルト用革は柔軟性、弾力性に加え、可塑性や風合いの面でも優れ、他社の追随を許さない、当社ならではの品質の良さと高い評価をいただいております。

 
  会社紹介 | 業務内容 | 求人情報 | お問い合せ

Copyright (C) 2001 KANEDA SEIKAKUSYO All Rights Reserved.

>