兵庫県皮革産業協同組合連合会
HOME > 革のできるまで > 革のできるまで 2
革のできるまで
原皮の輸入
染色した革の水分を取り除くと同時に革を伸ばす。 網、金属板などに革を伸ばしながら張って乾燥する。 乾燥した革をほぐしてやわらかくする。
革の種類によっては、表面をペーパーで擦りとり、なめらかにする物もある。 スプレーとか手塗りで、まず着色をする。 スプレーとか手塗りで、まず着色をする。
希望の色に合わすため、スプレーで最終的な調整をする。 革を伸ばしたり、艶を出す目的でアイロンをかけ、美しさを強調する。また、革にいろいろな模様をつけるために、型を押す。 革の色、強さ、やわらかさなどすべての品質検査をする。
革の面積をはかる。 革が汚れないように荷造りして発送する。 靴、かばん、ベルト、衣服、手袋、グローブなどの製品になる。
前の工程へもどる
サイトマップ ご意見・ご感想はこちらへ

| Copyright 2002 Hyogo Tanners Association All rights reserved.