兵庫県皮革産業協同組合連合会

靴の手入れ
ベルト、衣服、手袋など
カビが生えてしまったら
雨に濡れた革製品は
スエードの手入れ方法
HOME > 皮革の手入れ方法
リンク
デリケートな皮革製品の手入れ方法について簡単に説明いたします。左のメニューよりご覧になりたい製品名をお選び下さい。
革バッグ(かばん、袋物)は、少し使うとその人になじんで革としての良さが出てきますが、合成皮革などで作られたものは、購入時が最良の状態であり、使うほど品質劣化が顕著に現れてきます。
革は息の長い使われ方に適した素材であるといえます。ところがもともと革は天然のタンパク質からできていますので、使い方を間違えたり、手入れを怠ると製品の寿命は極端に短くなってしまうのです。
そこで、デリケートな革バッグの手入れ方法について簡単に説明いたします。
日常的手入れ
バッグが長持ちするかしないかは、日々の手入れで随分違ってきます。
また、靴と同様バッグも時々休ませ、毎日連続して同じものを持たないように心掛けましょう。
水濡れ
水に濡れたら、乾いたタオルで叩くようにして水気を除き、風通しの良い場所で陰干しして革を乾かします。濡れた革は熱に弱いため、高温に近づけてはいけません。
革は、乾燥すると、変形することが多いため、できるだけ変形しないように形を整えて乾燥してください。一度、中まで濡れた革は乾燥すると革中の油分が不均一となり、部分的に硬化することがありますが、指定のクリームを柔らかい布につけて輪を描くように軽くすりこめば大丈夫です。クリームをつけすぎると色が濃くなったり、色落ちすることがありますので使いすぎないよう注意が必要です。革の仕上げの種類によってはクリームでシミになる場合もありますので必ず指定のクリームを使用してください。
汚れ落とし
普段は柔らかい布でから拭きやブラッシングしてホコリを払う程度で対応できます。手アカや汗で汚れがひどい場合は、指定のクリーナーを布につけ軽く拭くとよいでしょう。その場合は、必ずバッグの底など目立たないところで、濡れタオルで試し拭きし、異状がないことを確認してクリーナーを使用してください。
コーヒー、ジュースのような水溶性のシミは、まず濡れタオルで叩くように拭き、シミが広がらないように注意しましょう。色素が革の目に入り、沈着したものの除去は困難です。
保管
保管時に最も気になるのがカビです。革には柔軟性を保持するために油脂類が含まれており、また、使った革製品には汗やアカ、それにホコリが付いています。カビはこれらを栄養源として成長するため、長く保管するときはこれらをできるだけ除去しておくことが必要です。ホコリははらい落とせば良いのですが、汗やアカは簡単に除去できません。湿ったタオルで汗やアカの付着していそうな部分を拭くのも一つの方法です。天気の良い日に陰干しして、水分を少なくしてから保存するようにしましょう。
保存は湿度が低く、酸素がない状態一番良いのですが、一般にはできませんので、よく換気することが大切です。密閉した場所では、滞留空気中に含まれた湿気が夜間に気温の下降とともに、革表面に結露し革を濡らします。一度、その状態になるとカビは成長を始めます。この観点からも、ビニール袋に入れて保管するのは間違いで、できるだけ通気性の良いものに入れて保管すべきです。
ナフタリンなど防虫剤は直接接触すると、変色したり、接着部が剥がれたりすることがありますので使用しないようにしてください。
歯を磨くことと同じように、靴磨きも毎朝の習慣にしたいものです。靴をなが持ちさせるコツは、新しい内からクリームをつけて下さい。湿気を与えない様に、濡れた場合は陰干しして下さい。手入れをゆきとどかせる様につとめて下さい。毎日とりかえて履く様に心がけて下さい。
手入れのしかた
先づ、ヨゴレを落とします。かわいた布かブラシで落とし、汚れのひどいときはヨゴレ落としか中性洗剤の液で拭く事。
次に、靴クリームを少量づつ薄めにぬって下さい。
厚くぬると持味をそこない、革を早く老化させます。
色クリームは靴の色より薄目の色をお選び下さい。
スエードはソフトな毛並みが生命ですから、ブラシはナイロンブラシ又は生ゴムを使うと良いようです。
色仕上げはスエード用チョークで、毛がなくなって来たり、光ってきたら、紙ヤスリで表面をこすり起毛させます。
エナメルは、ごく柔らかい布で拭くだけで十分です。
保存のときは
丁寧にホコリを落し、保革用クリームを十分塗ります。
シューホルダーに入れて置きますと型くずれしません。
十分乾燥させてから、ビニール袋に入れて密封して置きますとカビが生えません。
時には、(梅雨時など)取り出して手入れをして下さい。
手入れのしかた
保革用液体クリームを柔らかい布に薄目につけて、入念にすり込みながら、柔らかくみがきます。
ヨゴレやシミは革用クリーナーで丁寧に拭きとります。
みがき終わったら、1〜2日間風通しのよい所へ置き、中側まで乾かします。その後柔らかい布でみがきます。
雨に濡れた場合は、陰干した後入念な手入れをする様に。
保存のときは
型くずれしないように、中側に紙などの詰物をして、型をととのえます。
手入れの後よく乾かしてから、ビニール袋に入れ密封して置きます。尚防湿、防虫剤を入れることも良いと思います。
時には(梅雨時など)取り出して手入れをして下さい。
衣服の場合は、シーズンが終わったら、信用のある一流クリーニング店に出すことも良いかと思います。
カビを見つけたらすぐに、表革はから拭き、スエードはブラッシングすること。
縫い目やポケット内なども歯ブラシを使って取り除きます。放置しておくと革の組織内部まで変色し、跡が消えなくなることがあるので要注意です。だが何よりカビを防ぐことが大事なので、普段の手入れや保存方法に気を遣って下さい。
一般に皮革は水に弱いということを頭に入れておいて下さい。まず第一に、型くずれしやすくなること。なめしや製品化の過程で伸ばされたり収縮させられていた革が、水に濡れることによっていびつな伸縮をすることになります。そこで靴の場合ならシューキーパーで形を整え、できるだけ元の形を復元します。第二に、濡れると熱に弱くなるので、濡れた革をストーブに当てたりスチームアイロンなどでいきなり高温にして乾かすのは厳禁。タオルなどで叩くようにして水分を吸い取り風通しの良い日陰で陰干しして下さい。第三に、雨は革の栄養分である油分を奪いますので、必ずクリーム類で油分を補いましょう。
スエード等は、よくブラシを掛け、ヨゴレ等がついた場合はスプレー式クリーナーで吹き付けて、ブラッシングして下さい。
スエード系はホコリがよく吸い付きますので、使用後は必ずブラッシングして下さい。
このページのトップへ
サイトマップ ご意見・ご感想はこちらへ

| Copyright 2002 Hyogo Tanners Association All rights reserved.